お使いのブラウザを更新してください。

Internet Explorer 8.0以下でご覧いただくと正常にページが表示されない可能性がございます。
最新のバージョンにアップデートしてご覧ください。

SiC、ジルコニア、炭化チタン、超硬の微細加工なら!セラミック微細加工.comはセラミック微細加工の専門サイト

セラミック微細加工.COM 加工メニュー

セラミック微細加工.COMは、難加工、難切削素材であるセラミックをはじめ、超硬合金やステンレス、チタンなど多様な材料への 微細加工を行っています。微細形状加工、微細穴加工、自由曲面加工や精密加工など多様な加工に対応可能です。試作品はもちろん、小・中ロット、量産品生産までご相談ください。

主要対応材料から製作事例を探す

加工要素から製作事例を探す

材質物性から製作事例を探す

業界から製作事例を探す

酸化チタン

酸化チタン(TiO2)は、チタンの酸化物で、二酸化チタン、酸化チタン、チタニアとも呼ばれている。物質の特性としては、表面平滑性や耐摩耗性に優れている点が挙げられる。一般的に、摺動部品等の機械部品では、安価であり、化学的な安定性を持ち、高硬度、絶縁、耐熱性に優れ機械的強度バランスがよいことからアルミナが使用されるが、静電気を嫌うオイリングローラーや紡績用のガイドなどの摺動部品では酸化チタンが使用されている。また、誘電率が高いことから、積層セラミックコンデンサの誘電体としても用いられている。また、融点が1843℃と比較的低いことから、溶射による溶融が良好で、緻密な皮膜が得る事ができ、熱濃硫酸やアルカリ以外には不溶なので、科学的な耐食性に優れています。

酸化チタンの材料の物性情報
酸化チタン
主成分 TiO2
主要取扱メーカー (株)高尾製作所
品名 単位 TCTE-85
HV硬度 N/mm2 950
破壊靭性値 MPa・1/2 2.0
抗折力 MPa 180
ヤング率 GPa 300
嵩密度 g/cm3 3.5
熱膨張係数 ×10-6/K
熱伝導率(λ) W/mK
融点(θ)
λθ W/m×105/K
比抵抗 μΩ・cm

微細加工 加工事例

セラミック微細加工のことなら、お気軽にお問い合わせください! セラミック微細加工のことなら、お気軽にお問い合わせください! セラミック微細加工のことなら、お気軽にお問い合わせください!